スノボ星更沙が渋谷でゴミ拾いイベント「できることからコツコツと」 北京五輪代表の戸塚優斗、飛田流輝らも賛同…

渋谷・宮下公園周辺でゴミ拾い活動をした(左から)パラアルペンの高橋幸平、スノーボードHPの戸塚優斗、イベントを主催した星更沙、スノーボードSS&BAの飛田流輝、スノーボードHPの重野秀一郎
渋谷・宮下公園周辺でゴミ拾い活動をした(左から)パラアルペンの高橋幸平、スノーボードHPの戸塚優斗、イベントを主催した星更沙、スノーボードSS&BAの飛田流輝、スノーボードHPの重野秀一郎
渋谷・スクランブルスクエアを背景にゴミ拾いするスノーボード男子HPの戸塚優斗
渋谷・スクランブルスクエアを背景にゴミ拾いするスノーボード男子HPの戸塚優斗

 スノーボード女子ハーフパイプの星更沙(スノーヴァ新横浜)が29日、「ゴミゼロの日(5月30日)」を前に、東京・渋谷区内で街頭の清掃活動を行った。

 自身が代表を務める「SDGs KIDS MOVEMENT」の活動の一環。スノースポーツに欠かせない雪資源保護のため、地球温暖化や気候変動に対する問題意識を提起。さらなる実効的な対策へとつなげていく狙いがある。「意外と量が多かった。これくらいじゃ全然変わらないし、今後は植樹の活動や、海の清掃などにも取り組んでみたい」と前を向いた。

 今年の北京五輪スノーボード男子ハーフパイプで2大会連続出場を果たした戸塚優斗(ヨネックス)、スノーボード男子スロープスタイル&ビッグエアで初出場した飛田流輝(ウィルレイズ)らも賛同し、ゴミ拾いに汗を流した。戸塚は「環境はスノーボーダーにとっても大事。(温暖化で)暑くなったら、雪が無くなってしまう。海外でもパウダースノーが減っている感じがあるので、(活動に)関われたらうれしい」と、参加した思いを語っていた。

渋谷・宮下公園周辺でゴミ拾い活動をした(左から)パラアルペンの高橋幸平、スノーボードHPの戸塚優斗、イベントを主催した星更沙、スノーボードSS&BAの飛田流輝、スノーボードHPの重野秀一郎
渋谷・スクランブルスクエアを背景にゴミ拾いするスノーボード男子HPの戸塚優斗
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請