【高校野球】浦和学院が5年ぶり7度目の関東王者 金田が4打数3安打で攻撃けん引

スポーツ報知
3安打の活躍を見せた浦和学院・金田優太(カメラ・宮内 孝太)

◆春季関東大会▽決勝 浦和学院4―1関東第一(29日・宇都宮清原球場)

 センバツ4強の浦和学院が関東第一を4―1で下し、5年ぶり7度目の優勝を決めた。3番・金田優太(3年)が4打数3安打1打点で攻撃の起点となり、遊撃手、3番手投手としてもフル回転。攻守で歯車を回し、3季連続甲子園へ弾みをつけた。

 センバツ2回戦(和歌山東戦)でもソロ弾を放っている強打者は、初回無死一、二塁で三塁前にセフティーバント(記録は内野安打)を決めた。「サインは送りバントだったけど、自分は打つ構えからの方がやりやすいので。相手のカバーミスもあってラッキーでした」。チャンスを広げて先制点を演出。2回には2死一、二塁でチェンジアップを中前適時打、5回にはカーブを右前打と様々な対応力を見せ、打線をけん引した。

 新チームから「超攻撃野球」をスローガンに掲げてきたチームは、夏に向けてバントや走塁などの機動力を肉付け。どんな形でも得点できるよう攻撃の幅を広げてきた。「センバツは1、2番でチャンスを作って3、4、5番で返すパターンだったけど、9番の大内(碧真=3年)がホームランを打ったり下位打線も含めてどこからでも点を取れる自信がついた」

 センバツの準決勝で対戦した近江や優勝した大阪桐蔭などの強豪を常に意識しながら練習に励み、夏の聖地を思い描いてきた。「打率10割を目指し、レフトからライトまでどこでもホームランを打てる力もつけていきたい」。チームでも、個人でも、夏はバージョンアップした姿を見せる。(報知高校野球取材班)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×