【高校野球】甲子園王者対決は智弁和歌山の1点リードで5回終了 大阪桐蔭は先発・前田悠伍が2回以降修正

スポーツ報知
智弁和歌山・山口滉起が初回先頭打者本塁打(カメラ・谷口 健二)

 ◆春季近畿大会 ▽決勝 智弁和歌山―大阪桐蔭(29日・和歌山市紀三井寺)

 昨夏の甲子園王者・智弁和歌山と今春センバツ王者・大阪桐蔭による決勝は、智弁和歌山が3―2のリードで5回を終えた。

 智弁和歌山は初回、山口滉起左翼手(3年)の先頭打者弾で先制。さらに2死から連打と四球で満塁とすると、敵失で2点を加えた。

 2年生左腕・前田悠伍がいきなり捉えられた大阪桐蔭だが、すぐさま1点を返す。初回1死二塁から今秋ドラフト候補の松尾汐恩捕手(3年)が中越えに適時二塁打を放った。さらに1―3の3回、1死から谷口勇人右翼手(3年)の中前安打、続く松尾の右翼への二塁打で二、三塁とすると、4番・丸山一喜一塁手(3年)の一ゴロで三塁走者が生還し、1点差に迫った。

 前田は2回以降修正。2、3回は1安打ずつを浴びたが、4、5回はともに3者凡退に抑えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×