【高校野球】智弁和歌山が初回先頭打者アーチでいきなり先制 初回に大阪桐蔭から3得点

スポーツ報知
初回先頭打者本塁打を放つ智弁和歌山・山口滉起(カメラ・谷口 健二)

◆春季近畿大会 ▽決勝 智弁和歌山―大阪桐蔭(29日・和歌山市紀三井寺)

 昨夏の甲子園王者・智弁和歌山VS今春センバツ王者・大阪桐蔭の一戦は、いきなり動いた。

 智弁和歌山の山口滉起左翼手(3年)が初回先頭打者本塁打。大阪桐蔭のエース格左腕・前田悠伍(2年)の3球目を強振し、左越えの先制弾を放った。

 さらに、2安打と四球で2死満塁の好機を作ると、敵失で2点を加え、初回に3点を先取した。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×