カンヌ映画祭、是枝監督「ベイビー・ブローカー」のソン・ガンホが男優賞 最高賞は獲得ならず

スポーツ報知
クロージングセレモニーに登場した是枝監督(右)、男優賞を受賞したソン・ガンホ(左から2人目、ロイター)

 第75回カンヌ国際映画祭の授賞式が28日(日本時間29日未明)、仏カンヌで行われ、是枝裕和監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」(6月24日公開)で主演を務めたソン・ガンホが男優賞に選ばれた。

 「ベイビー―」は「赤ちゃんポスト」をきっかけに出会ったブローカー、母親、刑事たちの人間模様を描いた物語。コンペ部門に出品され、公式上映では12分間に及ぶスタンディングオベーションで歓迎されたが、是枝監督にとって「万引き家族」以来、4年ぶりの最高賞「パルムドール」獲得はならなかった。「トライアングル・オブ・サッドネス」(リューベン・オストルンド監督)がパルムドールに選ばれた。

 また、「ある視点」部門に出品されていた日本映画「PLAN75」の早川千絵監督が特別表彰を受けた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×