【高校野球】大阪桐蔭・西谷浩一監督、決勝進出も反省「山田くんレベルの投手からもっと打てるように」

スポーツ報知
8回、勝ち越し2ランを放った丸山一喜(右)に声をかける大阪桐蔭・西谷浩一監督(カメラ・谷口 健二)

◆春季近畿大会 ▽準決勝 大阪桐蔭11―2近江(28日・和歌山市紀三井寺)

 大阪桐蔭が近江(滋賀)を破り、決勝進出。現チームの公式戦連勝を29に伸ばし、昨秋大阪大会、同近畿大会、明治神宮大会、今春センバツ、同大阪大会に続く6冠に王手を懸けた。

 初回に2点を失ったが、3回1死二塁から伊藤櫂人三塁手(3年)が中越えに適時三塁打を放って1点を返すと、6回1死満塁から海老根優大中堅手(3年)の中犠飛で同点。8回に丸山一喜一塁手(3年)の2ランで勝ち越すと、9回には打者一巡の猛攻で一挙7得点を奪った。

 しかし、センバツ王者は反省の言葉を口にした。右足の負傷で6回途中に緊急降板した相手のエース・山田陽翔(3年)からは2得点にとどまり、決勝打の丸山は「山田くんからもっと点を取りたかった、というのはある」。140キロ台中盤の直球にスライダーやツーシームなど変化球を織り交ぜる山田の投球に的を絞ることができなかったという。

 西谷浩一監督も「ツーシームやフォークが高校生トップレベル。なかなか打たせてもらえなかった」と苦戦を認めた。そして「夏までに山田くんレベルの投手からもっともっと打てるようにしないといけない」とレベルアップを誓った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×