【中日】オリックス・山本由伸に“ジャイアントキリング”で3連勝 三ツ俣大樹が古巣相手に決勝タイムリー

スポーツ報知
8回2死一、二塁、左前に勝ち越し適時打を放つ三ツ俣大樹(カメラ・石田 順平)

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス1―4中日(28日・京セラドーム)

 中日が驚異の粘り腰を見せ、日本のエース、オリックス・山本由伸に土をつけ、ジャイアントキリングを達成した。

 3回に岡林の右中間三塁打でチャンスをつくり、大島の右前適時打で先取点を奪った。プロ先発の鈴木が5回無失点の好投を見せ、6回からは継投へ。だが7回に3番手・祖父江が先頭・野口に右翼フェンス二塁打を浴び、1死三塁からロドリゲスがリリーフしたが、西野の二ゴロの間に三塁走者の野口の生還を許した。

 ゲームプランを崩された中日だが、8回に桂の内野安打と岡林の四球で1死一、二塁。2死から三ツ俣が決勝タイムリーを左前にはじき返した。14年途中までオリックスに在籍した苦労人が、2試合連続の打点を挙げた。さらに9回には木下の2点三塁打が飛び出し、リードを3点に広げた。

 チームは7連敗後の3連勝で借金を3まで減らし、5カードぶりの勝ち越しを決めた。

野球

×