【中日】ロドリゲスを7回途中に前倒し投入も実らず同点 祖父江大輔がピンチ招く

スポーツ報知
ロドリゲス

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス―中日(28日・京セラドーム)

 中日が土壇場で試合を振り出しに戻された。

 3回1死から岡林の三塁打でチャンスをつくり、大島の右前適時打で先取点を奪った。プロ初先発の鈴木が5回まで無失点の投球を展開し、6回は清水が先頭・中川圭に中前安打を打たれたものの、無失点で切り抜けた。だが、7回に落とし穴が待っていた。

 3番手・祖父江が先頭・野口に右翼フェンス直撃の二塁打を許した。伏見の犠打で1死三塁とされたところで、立浪監督は中継ぎエースのロドリゲスを前倒しで投入。前進守備を敷く中、代打・西野の二ゴロで阿部がバックホームしたが、判定はセーフ。リクエストも覆らず、同点に追いつかれた。

 これでプロ初先発の鈴木の白星も消えた。

野球

×