【中日】プロ初先発の鈴木博志、5回4安打無失点68球でお役ご免 山本由伸との投げ合いで勝利投手の権利

スポーツ報知
力投する先発の鈴木博志(カメラ・石田 順平)

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス―中日(28日・京セラドーム)

 プロ初先発のマウンドに立った中日・鈴木博志投手が5回を4安打無失点、わずか68球でマウンドを降りた。

 初回2死から中川圭への四球、マッカーシーのヒットで一、二塁のピンチを招いたが、杉本を遊飛。5回も先頭・伏見への死球と犠打で1死二塁とされたが、福田を遊ゴロに料理。最後も宗を152キロの内角へのツーシームで見逃し三振に封じた。

 この日、投げ合ったのはオリックス・山本由伸で、下馬評では不利とされていたが、堂々のピッチング。勝利投手の権利を得て、2番手・清水達也に託した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×