【広島】佐々岡真司監督「切り替えてやっていくしかない」 エース大瀬良で0―7惨敗

スポーツ報知
佐々岡真司監督

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク7―0広島(27日・ペイペイD)

 広島が、交流戦に入って2カード連続で初戦を0―7という大差で落とした。対ソフトバンクは昨年の交流戦でも1敗2分けだった。佐々岡真司監督は「ソフトバンクに勝てていないので、(28日に先発の)森下でしっかりと勝てるようにやっていきたい」と翌日に気持ちを切り替えた。

 先発のエース・大瀬良が今季最短となる5回でワーストタイ5失点KOで2敗目。初回に押し出し四球を含む4安打2四球でいきなりの3失点を許した。指揮官は「真っすぐにしろ、変化球にしろ、制球できていなかった。真っすぐを制球できていないから、変化球の甘いところを打たれているという印象」と精度の甘さを指摘した。

 打線も、ソフトバンク投手陣の前に散発3安打に終わった。零封負けは今季4度目も、交流戦ですでに2度目だ。指揮官は「(先発レイは)球の強さがあったし、初回からああいう展開になったので打っていくしかなくなった。切り替えてやっていくしかない」と2戦目以降の奮起を求めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×