バリスティック・ボーイズ 日高竜太インタビュー・ロングバージョン<1>

インタビューに応じたバリスティック・ボーイズの日高竜太(カメラ・頓所美代子)
インタビューに応じたバリスティック・ボーイズの日高竜太(カメラ・頓所美代子)

 7人組ダンス&ボーカルグループのバリスティック・ボーイズの新曲「ラストダンスに BYE BYE」が25日に発売された。今年の第1弾シングルに日高竜太(26)は「今までで一番ダンスに軸を置いた作品」と話した。8月からはタイを拠点に活動を開始するが「日本を代表する気持ちで、アジアで成長していきたい」と目を輝かせる。ボーカル・バトル・オーディション(VBA)4、5で2回連続でファイナリストになるも落選。デビューまでは順風満帆の道ではなかったが「人生は運とタイミング。今のメンバーとグループを結成できたことに感謝したい」と振り返った。 (ペン・国分 敦、カメラ・頓所 美代子)

 新曲は昨年8月の「SUM BABY」、作品としては同11月のアルバム「PASS THE MIC」以来となる。楽曲選びには慎重になっていたようだ。

 「去年11月にアルバムを出して、次に出すシングルは大事という思いはメンバーにもありました。いつもは候補になるデモテープをいただくんですけど、今回は前段階の粗選りから参加して、たくさんのデモの中からメンバーが『この楽曲が好きです』『この楽曲はグループ的にいいかも』とかそれぞれ意見を出しました。それをスタッフさんが持ち帰って、選び抜かれた楽曲が『ラストダンス―』です。ほとんどのメンバーの推し曲で『今回はダンスを前面に出した楽曲を出したい』という思いがあった作品です。新しいけどレトロ感あるダンスミュージックじゃないですけど、ダンス映えするような楽曲っていう狙いがありました」

 ダンスを押し出した作品だが、レコーディングでは苦労もあったようだ。

 「難しかったですね。ダンスメインの楽曲だけに、リズムやグルーヴ感がすごい大事になってくる。そこがしっかりはまらないとカッコよく仕上がらない所は、メンバー全員が意識していました。収録はおのおののパートを順番に録ってつなげるっていう感じで進めています。それぞれのパートを歌って7人で一つの楽曲を表現するのですが、そこがちょっと難しいんですね。例えば前に歌っている人のグルーヴ感やニュアンスを崩さないように、語尾から繋げていくっていうのが大事で、これがけっこうやっかいですね」

 全員が歌えるからこその難しさがあり、深みも出てくる面白さもあるという。

 「例えば1番のサビと2番のサビで歌うフレーズは一緒なんですけど、歌う人が違うんですね。1番のサビの前は(加納)嘉将、2番のサビの前半は僕。1番サビの後半は(砂田)将宏、2番のサビの後半は(深堀)未来なんです。フレーズは一緒だけど歌う人が違うので、グルーヴやリズム感をそろえても表現の仕方がちょっと違ったりする。でもそこは7人全員が歌えるからこその強みでもあり、味が出る所かなとも思っています」

 歌のパート分けは、基本的にディレクターからの提案をベースにしているそうだ。

 「最初に一つの案としていただいて、実際にレコーディングで歌ってみて『こっちの方がハマるね』っていうのがあったら、そこで替わったりしますね。今回もありました。僕は予定していたパートと違うサビになりました。でもボーカルパートは全部歌えるようにしているので、その場で変更があっても戸惑いはないです。実際に入れ替わったパートを聞いてみて『あっ、なるほど』って。確かにこのメンバーの方が適していると思うことは多いです。この曲に限らず、こうしたスタイルでレコーディングをしています」

 ダンスをメインにしているだけにMV(ミュージック・ビデオ)はクオリティーの高い仕上がりになっている。

 「今回の振りは外部のダンサーの方にお願いしました。前回の『All Around The World』(アルバム「PASS THE MIC」のリード曲)で初めて自分たちではなく、外部の方に振りを作ってもらって、そこで新しい可能性を感じました。自分たちで全部作ってるとちょっと似てきたり、ネタが尽きちゃうじゃないですけど、詰まっちゃう部分もあったんですが、外部の方には自分たちでは考えつかないような構成や振り付けを作っていただけました。7人全員が歌って踊れる自分達にとってはすごいプラスを実感したので、今回も外部の方にお願いして作っていただきました」

 スキルの高いダンスは曲にいい味付けをする一方で、MV収録では苦労も多かったようだ。

 「歌入れしてメンバー全員が『この曲いいね』ってなったんですけど、振り付けが入ってさらに好きになりました。自分たちの魅力を振り付けと構成で引き出し、楽曲の良さをさらにパワーアップしてくれました。でも、ダンスは大変でしたよ。ツルっとまるまる踊ったら1曲で結構ばてちゃうぐらいの振り付けと構成になっています。振りが細かくて、それでメンバー全員で7人のグルーヴ感と力強さを出さなきゃいけないので、そこは結構詰めました。動画を撮っては気になる所があれば指摘し合ったり…。僕たちの中で嘉将がメンバーの中で圧倒的にダンス歴が短いので、居残りもして(松井)利樹が徹底的に教えたりしました。グループとして活動している以上、正直、歴とか関係ない。それは嘉将自身も感じていることだと思います」

 ―プロとしての妥協しないということか。

 「はい。歌もダンスも正直ゴールはないと思っています。変な話、甘えてしまったらもうダメ、自己満足してしまったら終わりだと。ダンス&ボーカルグループとして活動して行く中で、年々成長していかないといけない。これって一生やっていかなきゃいけなくて、際限がないってことなんです。ぶっちゃけ歌もダンスも合格点っていうのがないじゃないですか。大事なのは今の持っている最大限のパフォーマンスを出せるようにすることが、当たり前の世界だと思います」

 今回は“歌って踊る”っていうことに徹しているという。

 「過去最高に歌って踊ってる楽曲でしょうね。僕らは全員が歌って踊るっていうことは当たり前なんですが、実はボーカルを歌う時は振り付けをやめて歌に専念した時期もありました。結成されたばっかりの頃には…。全員がマイクを持っているので、一緒になって踊っちゃうと誰が歌ってるか分からないという問題もあって、歌う人は踊りをやめるような見せ方にしてたんです。けどデビューして3年経って、形も出来上がってさらなる進化を考えた時に、結局は歌う人も踊ってた方がかっこいいし一体感も出るのかなと。ただ歌って踊るのは絶妙な加減が必要で、踊りだけに集中してたら歌がぶれちゃったり、歌だけに集中しちゃうと踊りが疎かになったりとか…。そこはもう一生突き詰めていかないといけない所ですね」

 <2につづく>

 ◆日高 竜太(ひだか・りゅうた)1996年1月11日、宮崎県出身。26歳。高校1年の時にEXPG宮崎校に入所して歌とダンスを始める。2014年にVBA4でファイナリストに。17年のVBA5でもファイナリストとなるも落選。18年に7人組のバリスティック・ボーイズのメンバーとなり、19年にアルバム「BALLISTIK BOYZ」でメジャーデビュー。今年8月から活動拠点をタイに移して世界進出を目指す。身長169センチ、血液型B。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請