日本相撲協会、力士の出稽古の“一時解禁”を発表…新型コロナ禍以降は初めて

スポーツ報知
日本相撲協会のロゴ

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、出稽古を6月6~22日まで“一時解禁”することを発表した。新型コロナウイルス禍となった2020年3月の春場所以降は出稽古は禁止されており、今回が初めての解禁となった。

 芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によれば、今回の出稽古では出向く側と受け入れる側の双方の師匠間の合意と、協会への報告が必要。力士は出稽古予定日の前日にPCR検査を受け、その後も定期的な抗原検査を受検する必要があるという。同部長は「万が一体調に異変があった場合は中止です。初日の前日に(PCR検査を)受けて、1週間とか行く場合は、継続的に3~4日に1回抗原検査を受けてもらうという感じです」と説明した。

 これまで他の部屋の関取と肌を合わせられる機会は、場所前に国技館内の相撲教習所で行われる合同稽古に限られていた。また、名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)前の合同稽古は実施しないという。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×