J2大宮、霜田正浩監督を解任「無念でなりません」 後任に前鹿島監督の相馬直樹氏が就任

スポーツ報知
J2大宮の霜田正浩監督

 J2大宮は26日、霜田正浩監督を解任し、後任に前鹿島監督の相馬直樹氏が就任すると発表した。

 昨年6月に岩瀬健前監督の後任として就任した霜田監督は今季、開幕から9戦勝ちなし(3勝6分け)で最下位に。一度は4戦負けなしと復調の兆しを見せたが、今月18日に岩手との下位対決で敗れるなどホームで2連敗。25日は琉球に1―0で勝利したが、4勝5分け9敗で20位と低迷している。昨年に続き、2年連続となるシーズン途中の監督交代となった。

 霜田氏はクラブを通じ、「この世界では結果の責任が常に監督にありますので、このクラブの決断を真摯に受け止めるとともに、いつも応援をしていただいたサポーターの皆さまに、本当に心から感謝いたします。NACK5スタジアム大宮でいつも最高の雰囲気を作っていただき、アウェイの地にも大勢のサポーターに駆けつけていただき、どんなときも変わらぬ応援をしてくださったサポーターの皆さんに、もっともっと勝利を、笑顔を届けたかったです。それができなかったことが無念でなりません。それでも、チームを愛し選手たちを信じてNACK5スタジアム大宮で指揮をとり、皆さんと一緒に闘えたことはとても幸せでした。今後の大宮アルディージャを陰ながら応援しています。ありがとうございました」とコメントした。

 元日本代表DFの相馬氏はこれまで川崎、町田を指揮し、昨季途中に鹿島でコーチから監督に昇格。チームをリーグ序盤の不振から4位まで引き上げて退任した。28日東京V戦から指揮を執る予定。

 相馬氏はクラブを通じ「大宮アルディージャにかかわるすべての皆さま、はじめまして。このたび監督に就任しました、相馬直樹です。皆さまと一緒に笑顔を分かち合えるよう、すべての力を出し切りたいと思います。ご支援、ご声援をよろしくお願いします」とコメントした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×