【高校野球】浜松東、「自主練習」で過去最高ベスト16目指す・・・静岡県全チーム紹介「甲子園へ夏きゅん」

スポーツ報知
過去最高の16強を目指す浜松東ナイン

 浜松東は恒例の「自主練習」で悲願のベスト16を目指す。平日の3時間練習終了後、全部員24人が真っ暗になるまでその日に出た攻守での課題や、今の自分に足りない部分を補う練習に明け暮れる。

 池村弘樹監督(49)が「2人がチームの中心選手」と期待を寄せる山下飛羽主将(3年)と4番の水野絢斗(3年)も、黙々とティー打撃で汗を流し「外からバットが出ているぞ」「体重が後ろに乗っかり、スイングが弱い」。お互いに強化するべき点を見つけ合い、遠慮せずに指摘し合う。「自主練習で、不安な部分を取り除く」と2人が口をそろえる。

 春の西部地区予選・湖西戦(6●8)は、7回まで6―1とリードも逆転負け。接戦で勝ちきるチームになるために水野は「チャンスで一本打てるバッターになる」と闘志を燃やす。86年創部以来、17年の夏2勝が過去最高成績だ。課題やテーマを持ち、1年間貫き通した「自主練習」で、歴史を塗り替える準備は万全だ。(森 智宏)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×