【巨人】岡本和真が14号3ランを放つなど5打点の活躍 原監督「いい役割をしてくれた」

オリックスに連勝し、ウォーカー(左)とポランコ(右)の祝福を受ける岡本和真(カメラ・相川 和寛)
オリックスに連勝し、ウォーカー(左)とポランコ(右)の祝福を受ける岡本和真(カメラ・相川 和寛)

◆日本生命セ・パ交流戦 2022 巨人5―3オリックス(25日・東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手がオリックス戦で2試合連発となる14号3ラン、決勝2点適時打を放つなど5打点を挙げた。

 3―3の8回1死二、三塁からビドルの150キロ直球を中前へ運び、走者2人が生還。二塁を目指した岡本和は走塁死となったが、勝ち越しの一打に原監督は、「あそこで挑まれた勝負というものにね、今日は和真に軍配が上がったというところではないでしょうか」と笑顔を浮かべた。

 岡本和はこの日、初回にも14号3ランを放つなど全5打点をマーク。指揮官は「非常に大事なところで今日も2本のヒットというのね、非常に貴重だった。その得点だけの全打点ですよね。いい役割をしてくれたと思います」とたたえた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請