【巨人】原監督、5回3失点降板の山崎伊織に「プロの世界というのは甘いものではない」

スポーツ報知
力投する先発の山崎伊織(カメラ・頓所美代子)

◆日本生命セ・パ交流戦2022 巨人5―3オリックス(25日・東京ドーム)

 巨人は終盤に勝負強さを見せて交流戦連勝スタートを決めた。

 先発の山崎伊は初回に2点を失うも、その後は立ち直り4回までオリックス打線を無得点に封じた。だが勝ち投手の権利がかかった1点リードの5回。2死一、三塁のピンチで宗に同点の右前適時打を浴び、この回限りで降板となった。5回5安打3失点(自責2)と粘投したが、3勝目を逃し「リードを守り切れず悔しいです」とコメントした。

 5回のピンチでは、山口投手コーチがマウンドに向かって声かけを行うなど、ベンチも策を打ったが同点とされた。原監督は「(勝利投手の権利まで)もう一人というね。まあなかなか、やっぱりプロの世界というのは甘いものではないなと。いい勉強になったというふうに思います」と、苦い経験も糧にしてくれることを願った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請