【巨人】鍬原拓也が2年ぶり白星 4番手でオリックスのクリーンアップを3者凡退

スポーツ報知
4番手で力投する鍬原拓也(カメラ・相川 和寛)

◆日本生命セ・パ交流戦2022 巨人5―3オリックス(25日・東京ドーム)

 巨人の鍬原拓也投手が4番手でマウンドへ上がり、1イニングを3者凡退に打ち取った。

 8回から登板。先頭の宗を遊飛、続く中川圭を二飛に打ち取り、最後はマッカーシーに対し、1ボール2ストライクから外角低めへ151キロ直球をズバリと決め、見逃し三振に仕留めた。その裏、岡本和の2点タイムリーで勝ち越し。2年ぶりの白星が転がり込んだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請