【ソフトバンク】周東佑京が1軍合流 右肩手術から復活し、今季初の昇格

スポーツ報知
1軍練習に合流したソフトバンクの周東佑京

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA―ソフトバンク(25日・横浜スタジアム)

 昨年9月に右肩を手術した周東佑京内野手が今季初めて1軍に合流した。

 今季はウエスタン・リーグで16試合に出場し、打率3割3分3厘、2盗塁と状態を上げていた。一番の問題は手術した右肩に負担のかかる帰塁の動作だったが、これもクリア。内外野をこなせるユーティリティーも買われ、昇格が決まった。

 20年には50盗塁でタイトルを獲得するなど、球界屈指の脚力はチームの武器となる。左膝手術を受けた栗原陵矢外野手、右アキレス腱縫合術を受けた上林誠知外野手ら故障者が相次ぐチームに、頼もしい男が帰ってきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×