陸上100M日本記録保持者の山縣亮太、6月の日本選手権を欠場

スポーツ報知
山縣亮太

 陸上男子100メートルで日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)が、オレゴン世界陸上(7月、米国)の代表選考会を兼ねた日本選手権(6月、大阪)を欠場すると、25日に所属先のセイコーが発表した。

 山縣は昨秋の練習中に右膝を負傷し「膝蓋腱炎(しつがいけんえん)」と診断。24年パリ五輪を見据え、昨年10月に手術を受けた。今年4月に手術後の経過を明かし「回復は順調だけど、パリまで完全に治したい思いが強い。体の機能改善も含めて時間を使いたいと思っていて、今シーズンはマイペースな調整になる。(復帰戦は)出られるとなればその都度判断したいけど、この大会に出るために…と逆算して動くことはせず、脚を第一優先にしたい」と話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×