【阪神】大山悠輔、田中将大から先制打 ついに0―0の均衡破れる

6回2死二塁、中前に先制適時打を放つ大山悠輔(カメラ・石田 順平)
6回2死二塁、中前に先制適時打を放つ大山悠輔(カメラ・石田 順平)

◆日本生命セ・パ交流戦2022 阪神―楽天(24日・甲子園)

 阪神の大山悠輔内野手が先制打を放った。

 両軍無得点の6回2死二塁、2ボール2ストライクから、楽天先発・田中将の外角の速球を捉え、中前にはじき返した。二塁走者の俊足・中野は迷わずホームへ激走。先制に成功した。

 大山は6回の守備で左翼ポール際に飛んだ渡辺佳の打球をジャンピングキャッチするなど、攻守で先発・西勇を援護した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請