【阪神】大山悠輔がフェンス激突のスーパーキャッチ 先発の西勇輝を救う

6回2死一塁、渡辺佳明の左飛を好捕する大山悠輔(カメラ・石田 順平)
6回2死一塁、渡辺佳明の左飛を好捕する大山悠輔(カメラ・石田 順平)

 ◆JERAセ・リーグ 阪神―楽天(24日・甲子園)

 阪神の大山悠輔内野手が体を張ったファインプレーを見せた。

 0―0の6回2死一塁で、渡辺の左翼ポール際の飛球をジャンピングキャッチ。捕球後はフェンスに激突し、地面に尻餅をついたが、白球を離さなかった。右翼から左翼方向への甲子園特有の浜風に流れる難しい打球でもあったが、本職ではない外野でハッスル。好守がなければ、1点覚悟の長打コースだっただけに、マウンド上の先発・西勇もグラブをたたいて感謝した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請