【阪神】無死三塁の好機でクリーンアップ打てず 佐藤輝明はマー君から2打数無安打

スポーツ報知
1回1死一、三塁、佐藤輝明を二併殺打に仕留めた田中将大(カメラ・石田 順平)

◆日本生命セ・パ交流戦 阪神―楽天(24日・甲子園)

 阪神が佐藤輝明内野手が2度の得点圏をモノにできず、楽天先発・田中将に無得点に抑えられた。

 0―0の4回、先頭・中野が今季初の三塁打を放ち好機を演出。だが、3番・マルテは遊ゴロ、佐藤輝は中飛を放つも得点にはつながらず。大山も一邪飛に終わった。

 初回には近本の二塁打、中野の犠打とたった2球で1死三塁と先制のチャンスをつくり、マルテが四球を選択。1死一、三塁となったが、佐藤輝が二ゴロ併殺に仕留められた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×