G大阪、大阪ダービーでの違反行為に厳格処分 サポーターグループ全員が無期限入場禁止

スポーツ報知
21日に行われたC大阪とG大阪の大阪ダービー

 G大阪は24日、1―3と敗れた大阪ダービーのC大阪戦(21日・ヨドコウ)で観戦ルール違反行為があった観戦者に対し、無期限の入場禁止処分を発表した。試合後、スタンドに挨拶に向かった選手らに対し、威嚇や侮辱行為を行ったサポーターグループは、所属する全メンバーが無期限の入場禁止処分に(アウェーゲームを含む)。またスタンドからフィールドへの投げ込み行為などを行った2人に対しても、同様に無期限の入場禁止処分(アウェーゲーム含む)が下された。

 この試合前には両クラブより「フェアでクリーンな大阪ダービー開催に向けて」という声明文も出され、注意喚起が行われていた。その中で重大なルール違反行為があったことで、Jリーグで定める統一基準に照らし合わせた上で、厳格な処分が下された。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×