【中日】交流戦“開幕投手”は小笠原慎之介「仕事を全うできるように」 高橋宏斗、松葉貴大で獅子退治へ

スポーツ報知
ナゴヤ球場の投手練習に参加した小笠原(右)と高橋宏

 「日本生命セ・パ交流戦」が24日から始まる。バンテリンドームで西武と対戦する中日は、小笠原慎之介投手が“開幕投手”を務めることになった。23日はナゴヤ球場の投手練習に参加し、キャッチボールやダッシュで調整した左腕は「自分の仕事を全うできるように頑張ります」と意気込んだ。

 2戦目以降は、高橋宏斗投手、松葉貴大投手の先発が予想される。ブルペンで33球を投げた高卒2年目右腕は「パ・リーグは打のチームが多いので、ピッチャーが最少失点に抑えることが大事。(西武のデータは)完全に頭に入っている。山川選手がキーマンになってくる。要所要所でしっかり抑えたい」と話した。

 今季もバンテリンDで好成績を残す松葉は「チャンスで山川に回さないこと。その後の外崎、栗山さん、中村さんも長打がある。ゴロヒットは割切って、熱くなりすぎず冷静に自分の投球をしたい」と、持ち味を発揮していく。

 また、この日から1軍の投手練習に合流した鈴木博志投手も、ダッシュやキャッチボールを行い「先発として1軍に上がるのは初めて。今までと違った緊張感がある」と、予想される週末のオリックス戦(京セラD)へ胸を高鳴らせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×