【DeNA】牧秀悟が佐々木朗希初球ストレート打ち宣言 交流戦対ロッテ最終カード

スポーツ報知
牧秀悟

 DeNA・牧秀悟内野手が23日、2022年度「日本生命セ・パ交流戦」開幕記者会見にオンライン出席し、ロッテ・佐々木朗希投手の初球ストレート打ちを宣言した。

 インタビュアーから「佐々木朗希投手と対戦することになったら?」と質問があった。「あんなすごい球を投げているので、打席に立ちたいですし、何とか打てればと思います」と対戦を心待ちにした。さらに「何を狙っていきますか?」という問いかけに「まあ松川君がいるんですけど、真っすぐを頑張って打ちたいです」とストレート勝負での対戦を熱望した。

 同じく会見に参加していたロッテ・松川虎生捕手は牧の直球狙いについて「朗希さんは一番真っすぐがいいと思うので。しっかり真っすぐで締めるようにやっていきたいと思います」と応答した。

 ゲストコメンテーターの里崎智也氏は「じゃあもう、牧選手とのファーストコンタクトの1打席目は真っすぐですね。これはもう見るほうはかなり楽しみですね。その中でもいいバッターにはカーブ使いがちなんで。ひょっとしたら真っすぐと見せかけてカーブありますね。でも真っすぐがあると信じて僕らは待ちたいですね」と会見を盛り上げていた。

 ロッテとの交流戦は6月10日から3連戦が予定されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×