【高校野球】大阪桐蔭・松尾汐恩“中田ネット”越え場外弾 準決勝で近江を返り討ちだ

1回1死一塁、大阪桐蔭・松尾汐恩が先制となる左越え2ラン本塁打を放つ(カメラ・渡辺 了文)
1回1死一塁、大阪桐蔭・松尾汐恩が先制となる左越え2ラン本塁打を放つ(カメラ・渡辺 了文)

◆春季近畿大会 ▽1回戦 大阪桐蔭9―0和歌山商=7回コールド=(22日・和歌山市紀三井寺)

 今春センバツ優勝の大阪桐蔭と準優勝の近江(滋賀)が初戦を突破し、準決勝(28日)で激突する。近江は今秋ドラフト候補の“二刀流”山田陽翔(はると、3年)が先発し、6回1安打無失点。打っても決勝二塁打を放った。大阪桐蔭は同じくドラフト候補の松尾汐恩(しおん)捕手(3年)の場外弾などでコールド勝ちし、公式戦連勝を28に伸ばした。

 目の覚めるような一発は左翼場外まで飛んだ。大阪桐蔭の3番・松尾は初回1死一塁、アンダースロー右腕の3球目を強振。打球は、同校の先輩・中田翔(現巨人)が2年時に放った約160メートル弾がきっかけで設置された通称“中田ネット”を越えた。「変則(投手)でも自分のペースで打つことを心がけている。(場外は)うれしい」。高校通算26号は推定飛距離130メートルの2ランだった。

6回2死一、二塁、星子天真の追加点となる右前適時打で生還する二塁走者の大阪桐蔭・松尾汐恩(右、捕手は和歌山商・竹本伸弥)
6回2死一、二塁、星子天真の追加点となる右前適時打で生還する二塁走者の大阪桐蔭・松尾汐恩(右、捕手は和歌山商・竹本伸弥)

 好走塁も見せた。4回1死から中前安打で出塁後、続く打者の左飛で二塁へタッチアップ。さらに捕逸で三塁に進塁し、好機を広げた。「次の塁をどんどん狙っていくことを意識している」。7球団のスカウトの前で“打って走れる捕手”をアピールした。

 センバツでは準決勝(対国学院久我山)、決勝(対近江)で2試合連続アーチ。無傷の公式戦28連勝の絶対王者を支える松尾は「相手がどこであってもやることは同じ」ときっぱり。センバツ決勝のリベンジに燃える近江も返り討ちにする。(樹)

 ◆今春センバツ決勝VTR 大阪桐蔭が決勝最多タイの4本塁打、先発全員16安打で18―1と大勝。4度目の春の頂点に立った。大会11本塁打は最多記録。近江は、浦和学院との準決勝で左足に死球を受けていた山田が先発したが、3回に松尾に2ランを被弾し、自ら申し出て降板。2回0/3で4失点だった。

1回1死一塁、大阪桐蔭・松尾汐恩が先制となる左越え2ラン本塁打を放つ(カメラ・渡辺 了文)
6回2死一、二塁、星子天真の追加点となる右前適時打で生還する二塁走者の大阪桐蔭・松尾汐恩(右、捕手は和歌山商・竹本伸弥)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×