巨人・原監督「自分たちのペースで」ヤクルト・高津監督「油断なく」…セ・リーグ6球団監督総括

スポーツ報知
セ・リーグの(上段左から)ヤクルト・高津監督、巨人・原監督、広島・佐々岡監督、(下段左から)中日・立浪監督、DeNA・三浦監督、阪神・矢野監督

 プロ野球は24日から交流戦がスタートする。セ・リーグ6球団の監督が22日、交流戦前のチームを総括した。

 ヤクルト・高津監督「選手はよく頑張ってる。交流戦も油断することなく、強い勝負に執着したい。(DH制もあるが)いろんなことを想定している」

 巨人・原監督「まだ通過点だけど、少しでも貯金ができたのは悪い材料ではない。(交流戦は)それほどのデータはないし、いかに自分たちのペースで戦えるかだと思う」

 広島・佐々岡監督「中継ぎは課題が残っているが、先発が6枚そろったことが大きい。打線も、本塁打が少ない中でつながっている。目指していた野球ができていると思う」

 中日・立浪監督「勝敗に直結するミスが出ることも多い。収穫は岡林と(リリーフの)清水。(若手が)試合の中である程度いけるというのはある。必死にやるしかない」

 DeNA・三浦監督「借金を返さないといけない。離脱者が多い中で選手たちは一生懸命やっている。歯車が合ってきて戦えているかなと思うが、まだまだやらないといけない」

 阪神・矢野監督「まだまだチームの状態を上げていかないとダメだと思うけど、交流戦が何かのきっかけになるように。そういう形が、まず(巨人に)勝ち越してできた」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請