【巨人】岡本和真、交流戦前最終打席で安打 元木ヘッド「最後の1本は非常に大きいと思う」

スポーツ報知
9回1死一塁、右前打を放つ岡本和真(カメラ・泉 貫太)

◆JERAセ・リーグ 阪神4―0巨人(22日・甲子園)

 逆らうことなくバットを振り抜き、打球をヒットゾーンへ運んだ。4点を追う9回1死一塁。岡本和が1ストライクから伊藤将の外角ツーシームを捉え、右前安打を放った。初回2死二塁では二飛、4回無死一塁では併殺打に倒れるなど3打席無安打だった左腕から、“4度目の正直”で2戦ぶりの安打をマークした。7回の守備では佐藤輝の飛球を滑り込みながら好捕し三邪飛とするなど、勝負への執念を見せた。

 5月はここまで18試合で月間打率1割9分、2本塁打、6打点と苦しんでいるが、元木ヘッドコーチは「(調子が)上がってこなかったけど最後の1本は非常に大きいと思う。本人も最後アウトになるよりもヒット出たほうが気分いいと思うし、(交流戦)期待しています」。昨年の交流戦ではパ6球団を相手に日本ハム以外の5球団から本塁打を放つなど、18試合で7本塁打、17打点の大爆発をみせた。それだけに、交流戦前最後の試合の最終打席に生まれた安打を浮上のきっかけにしていく。

伝統の一戦全試合ダゾーンで配信中!

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請