照ノ富士、十両・錦富士ダブル優勝で兄弟子の安治川親方引退相撲に花添えた「やっとできうれしい」

優勝した照ノ富士(左)は八角理事長から優勝賜杯を受け取る(カメラ・小泉 洋樹)
優勝した照ノ富士(左)は八角理事長から優勝賜杯を受け取る(カメラ・小泉 洋樹)

◆大相撲 ▽夏場所千秋楽 〇照ノ富士(寄り切り)御嶽海●(22日、東京・両国国技館)

 横綱・照ノ富士が3場所ぶり7度目の優勝を果たして大混戦の夏場所に幕を下ろした。3敗で並んでいた西前頭4枚目・隆の勝が敗れ、勝てばVが決まる結びの一番。大関・御嶽海を盤石の寄り切りで退けた。

 横綱の優勝は、兄弟子で部屋付きの安治川親方(元関脇・安美錦)にも最高のプレゼントになった。同親方は場所後の29日に引退相撲を控える。照ノ富士は場所前に「優勝して花添えたい」と話していたという。

十両優勝決定戦で優勝し表彰される錦富士(左)(カメラ・小泉 洋樹)
十両優勝決定戦で優勝し表彰される錦富士(左)(カメラ・小泉 洋樹)

 同親方は「一生懸命やってくれたらそれでいいんだけど、うれしいよね」と目を細めた。弟弟子の錦富士も十両V。同部屋から幕内、十両優勝者が出るのは昨年初場所(幕内・大栄翔、十両・剣翔)以来だ。照ノ富士は「毎場所のように『今場所優勝しようぜ』という話にはなるが、やっとできてうれしい」とかみしめていた。

優勝した照ノ富士(左)は八角理事長から優勝賜杯を受け取る(カメラ・小泉 洋樹)
十両優勝決定戦で優勝し表彰される錦富士(左)(カメラ・小泉 洋樹)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請