【阪神】プロ初完封の伊藤将司「よぎりました(笑い)」前回登板DeNA戦「あと1球」から同点被打

スポーツ報知
6回まで無失点に抑えベンチへ戻る伊藤将司(中央)(カメラ・豊田 秀一)

◆JERAセ・リーグ 阪神4―0巨人(22日・甲子園)

 阪神・伊藤将司投手が9回を8安打、無四球でプロ初完封を達成した。9回に2死一、三塁のピンチを招いたが、中田を中飛に打ち取り、シャットアウト完成。前回登板は4月6日のDeNA戦(甲子園)で9回2死まで1―0を守りながら、牧に同点打を浴びた。2ストライクを取りながら、あと1死が奪えず完封を逃していた。その後、新型コロナウイルス感染のアクシデントを経て、最高の復帰登板となった。

 以下は試合後の伊藤将の一問一答。

 (ヒーローインタビューで)

 ―初完封の気持ち

「えー、しびれました(前日ヒーローの長坂のセリフをまねて)」

 ―前回は目前で逃した

 「(きょうも)最後すごく危ない中で完封できたんですけど、前回のことがファンの方もよぎったと思うので。その中で達成できて良かったです」

 ―2回に打線が援護した

 「近本さんが先制点を取ってくれて、野手のおかげで9回を投げることができたので。野手に感謝しています」

 ―ファンに向けて

 「厳しい試合が続いていますが、これからも応援よろしくお願いします」

(囲み取材で)

 ―超満員の中でお立ち台に

 「満員の中でできたことと、あの中でヒーローインタビューができたのですごく気持ち良かったです」

 ―捕手の長坂が前日のインタビューで使った「しびれました」を拝借。言うと決めていたのか

 「そうですね。昨日、話題になっていたので。言おうとしていました」

 ―投球で意識していたことは

 「ゴロアウトが非常に多く取れたので、そこかなと思います。走者を出した中でも、ゲッツーを取れたりとかができていたので。そういうことができて、自分のピッチングも良くいけたと思います」

 ―6日のDeNA戦は、あと1球から同点。9回は意識したのでは

 「そうですね、意識はありましたね。前回、失敗しているので2度は失敗できない。その中で達成することができて良かったです」

 ―前回がよぎらなかったか

 「よぎりました(笑い)」

 ―コロナに感染し、野球ができない時期もあった

 「1か月間、1軍でプレーできなかったので、すごい悔しさもあった。今日、甲子園で白星を取れたので良かったなと思います」

 ―しかも完封

 「4点もあるし、思い切って投げようとなったので。その結果、完封できたので良かったなと思います」

 ―次回は地元・千葉での登板が予想される

 「両親もやっぱり見に来やすいと思いますし、すごく楽しみです」

 ―今後に向けて

 「1カ月も休んじゃったので、その分チームに貢献したいと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×