【オークス】ナミュール末脚発揮 8番手から伸びて3着 横山武史騎手「落ち着いて走れていた」

スポーツ報知
3着のナミュール。力は示した

◆第83回オークス・G1(5月22日、東京競馬場・芝2400メートル=良)

 3歳牝馬クラシックの2冠目をかけて争われる大一番に、17頭(サウンドビバーチェは競走除外)が出走して争われ、3番人気のスターズオンアース(美浦・高柳瑞樹厩舎、父ドゥラメンテ)が、クリストフ・ルメール騎手の手綱でシャープな末脚を発揮し、前走の桜花賞に続く牝馬クラシック2冠を飾った。勝ち時計は2分23秒9。

 10番人気のスタニングローズ(ダミアン・レーン騎手)が、1馬身1/4差の2着。そこから1馬身1/4差の3着には4番人気のナミュール(横山武史騎手)が入った。

 横山武史騎手(ナミュール=3着)「オークスに臨むにあたって、一番の課題は折り合いと思っていたので、返し馬から工夫しました。桜花賞(10着)よりも落ち着いて走れていたのはよかった。応援してくれたファンの方には申し訳ないが、折り合えれば距離がもつことも分かり、内容は今後につながる」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×