川崎DF谷口彰悟が一発退場…5戦連続無失点も鳥栖とドロー 鬼木達監督「何とか勝ち点1を拾った」

スポーツ報知
駅前不動産スタジアムに駆けつけた川崎サポーター

◆明治安田生命J1リーグ▽第14節 鳥栖0―0川崎(21日・駅スタ)

 川崎は鳥栖と0―0で引き分けた。

 MF瀬古樹が今季初先発を果たし、FWレアンドロダミアンやFWマルシーニョ、MF橘田健人、MF脇坂泰斗らをベンチスタートとしてキックオフ。序盤から攻め込まれる場面が多く、相手のプレスに苦しみ試合の主導権を握れなかった。

 後半開始時からFWマルシーニョを左サイドに配置し、FW家長昭博を中盤の中央に置くなど工夫をこらすも、決定機の数を増やすことができず。後半34分には日本代表DF谷口彰悟が一発退場の判定を受けた。

 直後にDF山村和也をセンターバックに入れ、10人の状態でも1点を奪いにいく姿勢をみせたが、ゴールは奪うことはできなかった。リーグ5戦連続の無失点となったものの、勝ち点の上積みは1にとどまった。鬼木達監督は「何とか勝ち点1を拾った形。できれば勝ち点3につなげることをもっともっとやらないといけなかった。1人減ってからも戦う姿勢は良かったので、次につなげていきたい」と振り返った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×