【ヤクルト】原樹理が5回2失点で4勝目 高津監督「本人も僕もよく我慢した」

力投するヤクルト先発投手の原樹理(カメラ・関口 俊明)
力投するヤクルト先発投手の原樹理(カメラ・関口 俊明)

◆JERAセ・リーグ DeNA2―9ヤクルト(21日・横浜)

 ヤクルトの先発・原樹理投手(28)が5回69球、7安打2失点で4勝目を挙げた。

 大学の後輩、DeNA上茶谷との東洋大対決。初回から3イニング連続で先頭打者の出塁を許し、4回以外は得点圏に走者を背負ったが、失点は2回の2失点でそれ以外は踏ん張った。

 5回は1死から佐野に二塁打を浴びるも、ソトを左飛、牧を見逃し三振に抑えて踏ん張った。

 高津監督は「よく粘れたのかな、よく我慢したのかなと。その我慢は本人もですけど僕もよく我慢したなと思っております。何度も先頭出して常にピンチのようなピッチングでしたけど5回2失点。これが今の彼ができることって言ったらあれですけど、まあまあの所なのかなと思ってます」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請