G大阪、逆転負けの大阪ダービーで“空中分解” 攻守の要が一触即発 DF昌子は「反省」

スポーツ報知
後半45分、G大阪は昌子源(左)とレアンドロが言い合い、一触即発となった

◆明治安田生命J1リーグ第14節 C大阪3-1G大阪(21日、ヨドコウ)

 G大阪は大阪ダービーでリーグ戦21年ぶりとなる逆転負けに加え、終盤にはDF昌子とFWレアンドロ・ペレイラがピッチ上で仲間割れする醜態を見せた。前半33分、レアンドロのクロスをFW山見がヘッドで合わせて先制。しかし後半は守備の隙をつかれて3失点。片野坂知宏監督は「非常に悔しく残念。本当にガンバファン、サポーターもたくさんお越しいただいたが、私自身の責任でもあります」と振り返った。

 さらに1点を追う試合終盤には、ピッチ上でチームが空中分解する瞬間も。マイボールのスローインで試合を始めようとした昌子が、切り替えが遅れていた前線に向けて怒号を浴びせると、これにレアンドロが激怒。チームメートに止められたが、仲間同士で一触即発の空気が流れる場面もあった。ロスタイムにも3失点目を喫して敗れると、試合後にはスタンドに挨拶に向かった選手たちに対し、ゴール裏のG大阪サポーターが罵声を浴びせ、こちらも一触即発となった。

 片野坂監督は、ロッカールームで冷静になった両選手に話をしたことを明かし「共通しているのは、勝ちたいという思い。それがぶつかり合った。ただ相手にとって思うつぼだと。言い合ってもなにも解決しない。ふたりとも経験があり、強い気持ちが大阪ダービーということもあって出たが、メンタル的にも他の選手を引っ張っていく、苦しい時こそリーダーとしてやってほしい」と反省を促したという。

 昌子も「終わってからももめるほど子供じゃない。ピッチ上だけのこと」と試合後にはレアンドロと和解したことを明かした。さらに「殴り合いしたくて言っているわけじゃない。もちろんお互い勝ちたい中で、前(FW)と後ろ(DF)は意見が違うこともある。ただ見られ方は、もちろんバラバラになっていたと思われても仕方ない。そこは僕自身も反省しています」と悔しい敗戦をかみしめた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×