J2大宮、2連敗&4戦勝ちなし 霜田正浩監督「結果は僕の責任。悔しい」

◆明治安田生命J2リーグ▽第17節 大宮2―4仙台(21日・NACK)

 J2大宮がホームで首位・仙台に2―4で敗れ、2連敗で4戦勝ちなしとなった。

 前半30分、自陣右サイドのクロスから仙台MF名倉巧に先制点を献上。同39分には左CKの流れから同FW富樫敬真にヘディングで2点目を決められた。

 大宮は後半9分、敵陣右サイドへのロングパスに抜け出したFW富山貴光がドリブルから右足でゴールを決め、1点差に詰め寄った。だが、同15分に仙台MFフォギーニョの強烈ミドルシュートで失点。FW河田篤秀、菊地俊介、MF泉澤仁を投入して攻勢を仕掛けたが、同37分に4点目を献上した。後半ロスタイムに菊地のゴールで1点を返したが、そのまま試合を終えた。

 ホームで2連敗を喫し、直近4試合勝ちなし(2分け2敗)。J3降格圏と同勝ち点の暫定20位に沈んでいる。

 霜田正浩監督は「チームとしてできたこともたくさるし、いい試合ができたと思うが、結果が出ない以上、結果の責任は僕の責任です。個人としてもっとクオリティーを上げたい、もっとうまくなってほしい、強くなってほしい。今いるうちの選手がレベルアップすることがチームの強化につながる。逆のスコアでできるように、明日から頑張らなきゃいけない」「せっかく奪ったボールもすぐ相手に取られてしまうとか、守備のはめ方は非常に良くて4点取られるようなゲームではないと思っている。せっかくチームとして機能していた部分があっただけに、余計に悔しい結果になった」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請