【西武】育成出身ルーキー滝沢夏央が3戦連続安打 「いい経験を積ませていい選手に」と辻監督

スポーツ報知
西武・滝沢夏央

◆パ・リーグ 日本ハム4―0西武(21日・札幌ドーム)

 西武が5連敗。勝率でオリックスに抜かれ4位に転落した。

 先発の40歳左腕・内海哲也投手が2回までに3点を失って相手に主導権を握られると、打線は日本ハムの先発・上沢に7回まで内野安打1本に封じ込まれるなど、計2安打無得点に終わった。

 完敗の中で、9番・遊撃で出場したルーキーの滝沢夏央内野手が、8回に遊撃内野安打を放ち3試合連続安打をマークした。育成ドラフト2位入団から今月13日に支配下登録されて即1軍デビューした現役最小164センチの小兵。源田の離脱を攻守でカバーする18歳に、辻発彦監督は「素晴らしい。何か期待をさせてくれる選手。最後もしぶとく内野安打を打った。どんどんいい経験を積ませて、いい選手になってもらいたい」と目を細めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×