【中日】二刀流“解禁”で1回無失点の根尾昂「素直に抑えられてうれしい」立浪監督から直接指令

スポーツ報知
8回に登板した根尾 昂

◆JERAセ・リーグ 広島10―1中日(21日・マツダ)

 中日・根尾昂外野手が8回、1軍の公式戦で初めてマウンドに立ち、1回を無失点に抑えた。坂倉に安打は浴びたが最速150キロをマークした背番号7は「素直に抑えられてうれしいです。(肩を)作ったのは6回くらいから。どんどんストライクを取っていこうと思いました」とコメントした。

 4回に広島の攻撃が終わった後に直接伝えたという立浪和義監督は「昨日、今日とピッチャー投げてて最後一人足りなかった。基本直球とスライダーで、いい当たりされたりヒットは打たれましたが、なかなか簡単に四球出さなかったしね。ストライク投げられるというだけでも(良かった)。またこういう展開で投げることもあるかもしれない」と今後の起用も明言した。

 18年ドラフト1位の小園との対戦では、147キロで右飛に打ち取り、根尾に軍配。「相手がどうこうより、アウトが取れて良かった」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×