【ソフトバンク】又吉克樹が移籍後初失点で初黒星 ロッテに今季初連敗で首位との差縮まらず

スポーツ報知
8回から登板した又吉克樹

◆パ・リーグ ソフトバンク2―4ロッテ(21日・ペイペイD)

 ソフトバンクがロッテに今季初の連敗。無双状態が続いていた又吉克樹投手が打たれ、首位・楽天とのゲーム差2・5を縮められなかった。

 2―2の8回。又吉は1死二塁でマーティンに高めのカットボールを右中間テラス席まで運ばれた。移籍後初失点は痛恨の決勝2ラン。開幕からの連続無失点が18試合で止まり、1敗目を喫した。

 打線は2回に今宮が同点適時打、5回には柳田が勝ち越し打を放ったものの、美馬を完全には打ち崩せず。ロッテ戦今季2戦2勝だった先発の大関は6回途中5安打2失点だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×