【DeNA】連勝3でストップ 追いすがるも中盤以降得点できず 上茶谷大河6回4失点で3敗目

スポーツ報知
2回無死一塁、打者・内山壮真の時にボークを取られた先発投手の上茶谷大河(左)は捕手・戸柱恭孝のアドバイスを受けた(カメラ・関口 俊明)

 ◆JERAセ・リーグ DeNA2―9ヤクルト(21日・横浜)

 DeNA・上茶谷大河投手が初回先頭の塩見に先制の5号ソロを浴びた。2回には川端に中前安打を許し、一塁牽制の際にボークを取られて、無死二塁とされて、内山壮に左中間へタイムリー二塁打を放たれた。続く長岡には右翼スタンドへ2号2ランを放たれて4点をリードされた。

 打線は2回裏に神里の左中間適時二塁打などで2点を返した。その後はチャンスを作ったが、得点できなかった。

 逆に9回に村上の13号3ランなどで5点を奪われて突き放された。

 上茶谷は6回4失点で3敗目。チームの連勝は3でストップした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×