【平安S】好位追走のケイアイパープル激走2着 藤岡康太騎手「覆面を外して気合を乗せた」

スポーツ報知
2着に好走したケイアイパープル

◆第29回平安S・G3(5月21日、中京競馬場・ダート1900メートル=良)

 京都競馬場の改修工事で昨年に続いて中京で開催されたダート重賞は、松山弘平騎手とコンビを組んだ1番人気のテーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎、父シニスターミニスター)が59キロの斤量をものともせず、最優秀ダートホースの貫禄を見せつけた。サウジアラビア遠征(サウジC8着)から帰国初戦だったが、好位から楽に抜け出すと2馬身半差で快勝。鞍上の松山騎手は復帰後の重賞初Vとなった。勝ち時計1分57秒0。

 2着は7番人気のケイアイパープル(藤岡康太騎手)。さらに2馬身半差の3着には3番人気のメイショウハリオ(浜中俊騎手)が続いた。

 藤岡康太騎手(ケイアイパープル=2着)「陣営と相談して、今回はメンコ(覆面)を外して気合を乗せていこうと。いい方に出たと思いますし、自分の形に持ち込めば、しっかり走ってくれます」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×