今平周吾がこの日ベストタイ「61」と猛チャージ 初の2週連続Vへ「やってみたい」

スポーツ報知
今平周吾

◆日本男子プロゴルフツアー ▽ゴルフパートナー・プロアマ 第3日(21日、茨城・取手国際GC東C=6804ヤード、パー70)

 ツアーで唯一のプロアマ形式の大会。第3ラウンド(R)が行われ、8打差の13位で出た今平周吾(ダイヤ)が1イーグル、7バーディー、ボギーなし、この日のベストスコアタイの61と猛チャージを見せ、通算17アンダーで2打差の2位に浮上した。2位スタートの大槻智春(真清創設)が65で回り、19アンダーで単独首位に立った。

 今平が優勝戦線に躍り出た。5番、7番、8番で2メートルにつけてバーディーを奪うと、前半を4バーディーで折り返した。10番パー5では、フェアウェーから残り205ヤードを4アイアンで2オンし、ピンそば1メートルにつけてイーグル。終わってみれば、スコアを9つ伸ばす、猛攻だった。「ピンチはなかったです。ショットの調子も先週に引き続きいいので、いいイメージでできていると思います」と満足げに振り返った。

 前週のダイヤモンドカップ・アジアパシフィックオープンでツアー6勝目を飾った。2週連続で優勝争いとなると、どうしても「体が疲れますね。頭も…」というが「昨日は(午後)10時には寝ていました」と普段より1時間ほど長く睡眠をとり、疲労を取り除いた。予選Rは疲れが抜けなかったが、今朝は「普段通りできました」とうなずいた。

 自身初の2週連続優勝に挑む。「やってみたい気持ちがある」と胸を躍らせた。今大会は初日に西コースだが、池田勇太がツアー4人目の50台となる59をたたき出した。この日も今平のほか、10位の田村光正も61をマーク。今平はスコアの伸ばし合いの展開は「好きじゃない」というが、最終日へ「今日ぐらいのゴルフが必要。頑張りたい」と闘志を燃やした。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×