名古屋、FW酒井宜福とFW相馬勇紀が今季1号! 今季初の公式戦3連勝!

 ◆明治安田生命J1リーグ▽第14節 清水1―2名古屋(21日・アイスタ)

 名古屋は敵地で清水に2―1で勝利し、今季初の公式戦3連勝を収めた。FW酒井宜福のゴールで先制し、追いつかれたが、途中出場のFW相馬勇紀が勝ち越し弾を決めた。ともに今季1号だった。

 前半7分、MF仙頭啓矢がペナルティーエリア中央で右足を振り抜くも、わずかに左枠外。同22分、DF吉田豊のパスを受けたFWマテウスが相手の股を抜いて前に出ると、敵陣深くのペナルティーエリア左手前からクロスを送る。ニアにいたFW酒井が頭でそらし、ゴールネットを揺らした。さらに、同38分には左コーナーキックの流れでDF中谷進之介が右足を振ったが、GKに右手一本で止められた。その直後の右コーナーキックのクロスに、ペナルティーアーク内でMF稲垣祥がダイレクトで強烈な左足シュートを放つも、これもGKに阻止された。

 1点リードで折り返し、後半は我慢の時間帯が続いた。同27分、途中出場のFW石田田凌太郎が中谷のフィードに抜け出し、ペナルティーエリア右からシュートしたが左枠外だった。その直後に左サイドからクロスを入れられて失点。セカンドボールを相手に渡したりパスミスが増えたりする中で、何度も攻め込まれたが、GKランゲラックら守備陣の奮闘でゴールラインは割らせなかった。そして終了間際、相馬がペナルティーエリア外で迷いなく、右足を一閃(いっせん)。最後の最後で勝ち点3をつかんだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請