【巨人】今季6勝目ならずも、戸郷翔征が8回4安打無失点の力投 原監督「すごく良かった」

スポーツ報知
8回2死二、三塁、近本を中飛に打ち取り、この回も無失点に抑えた先発の戸郷翔征(左から2人目)は笑顔でナインを出迎える(カメラ・泉 貫太)

◆JERAセ・リーグ 阪神2―6巨人=延長12回=(20日・甲子園)

 巨人の戸郷翔征投手が20日、阪神戦で先発し、8回116球を投げ、4安打無失点、6奪三振の力投。今季6勝目はかなわなかったが、試合を作った。

 戸郷は8回に連続四球を与えるなど1死二、三塁のピンチを迎えたが、135キロのフォークで長坂を空振り三振。近本を中飛に打ち取り、粘りの投球を見せていたが、9回に交代。原監督は、「すごく良かったと思いますね。まあ8回にかなりのピンチがあったんでね、完投ということでね、完封というものも、挑戦させようかと思ったんですけど」と明かしたが、「ただ8回ああいう状態だったので、ここは万全を期して2人(今村、デラロサ)に9回を託したということですね」と語った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請