【ヤクルト】あぁ2位転落、先発・高梨裕稔「初回がすべて」…打線もつながり欠いた

スポーツ報知
9回無死、二ゴロに倒れる村上宗隆(右は倉本寿彦)(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ DeNA3―1ヤクルト(20日・横浜)

 ヤクルトが惜敗で巨人に首位を譲った。先発・高梨は初回にソトの右翼フェンス直撃の先制打を含む3本の二塁打と自らの暴投で3失点。2回以降はゼロを並べたが、「初回がすべて」と今季最長の7回を投げるも、3敗目に唇をかんだ。

 19日の阪神戦(神宮)では、7安打3得点と機能した打線も、この日はつながりに欠け、1点を返すのが精いっぱい。高津監督は「反撃ムードになったけれど、(空気が)ちょっと重かったね。初回の3点が大きかった」と落胆した。

 交流戦前最後のカードの初戦だけに、弾みをつけたかったが、投打がかみ合わず、7日ぶりに2位転落。それでも、8回には2安打で2死一、三塁とチャンスを広げるなど粘りを見せたナインに、指揮官は「何とかしようという気持ちは、非常に感じている」と巻き返しを期待した。(森下 知玲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×