大迫勇也はコンディション不良で選外、古橋亨梧、前田大然、上田綺世が1トップ争い…森保一監督アピール期待

森保一監督
森保一監督

 日本サッカー協会は20日、6月の国際親善試合4試合に臨む日本代表メンバー28人を発表した。

 大迫がコンディション不良で選外となり、1トップ争いはさらに激化する。セルティックをスコットランド1部優勝に導いた古橋はスピードと決定力を武器に今季公式戦20ゴール。昨年11月以来の代表復帰で、最有力候補となりそうだ。

 快足の前田も同8得点、万能型の上田は今季J1最多タイの8得点を挙げ、浅野もドイツ1部で27戦3得点と奮闘。森保監督は「大迫抜きで戦った時にいろんな選手にチャンスがある。オプションを作ることと、どの選手がアピールしてくれるか楽しみ」と期待を寄せた。

 エースが負傷で不在だった3月のW杯最終予選2戦は浅野、上田が1トップを務めた。これまで大迫不在時の代役探しが焦点となったが、6月の4試合のアピール次第では新エースが誕生する可能性は十分にある。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請