さんま御殿!で注目の美容男子 福島中央テレビ・直川貴博アナが激白…あくなき美への思い「家計は火の車」なわけ

福島中央テレビのメイク室で自身のメイク道具を手にする直川アナ(カメラ・岩崎 敦)
福島中央テレビのメイク室で自身のメイク道具を手にする直川アナ(カメラ・岩崎 敦)

 福島中央テレビの直川(のうがわ)貴博アナウンサー(28)は、4月26日に放送された日テレ系「踊る!さんま御殿!」に出演し“美容男子”として注目を集めた。このほどスポーツ報知のインタビューに応じ、あくなき美への思いや将来の夢を語った。(取材・構成=岩崎 敦)

 直川アナは「―さんま御殿」で“全国デビュー”。「アップはダメえ~」など独特のリアクションで美へのこだわりを披露し、共演した美容家・タレントのIKKO(60)、モデルのMatt(27)らの大物に負けず爆笑を巻き起こした。MCの明石家さんま(66)からも絶賛され、番組のMVPに当たる「踊る!ヒット賞」にも輝いた。

 「反響がすごくて、まだ夢の中にいるような感じです」

 ツイッターのフォロワーは6000人から1万2000人に、インスタグラムは8000人から2万1000人に増えた。ブレイクのきっかけとなった美への思いはハンパじゃない。

 「帰宅後は、すぐにメイク落とし。1回だと汚いものが残っている気がするから2回やります。化粧水やクリームは通常の2倍使います。エアコンをつける時は必ず加湿器も。インナーケアも大事で、朝晩サプリを飲んで水分は1日3リットル取っています。お酒は飲まないですね。飲み会の雰囲気は好きだけど(顔が)むくみそうだし、お金がかかるから。家計は火の車なんですよ」

 アナウンサーの給料は決して安くないはず。なぜか。

 「月イチぐらいで(郡山から新幹線で)東京へ“美容遠征”に行くんです。顔のエステをしてコスメを買って。年に2回、新作が出そろう時にはデパートの化粧品売り場を回るんです。あのフロアにいるのが至福の時なんですよ~」

「踊る!さんま御殿!」に出演した直川アナ(福島中央テレビ提供)
「踊る!さんま御殿!」に出演した直川アナ(福島中央テレビ提供)

 他にも歯のホワイトニングに年間6万円、2年前には60万円をかけて永久脱毛も施した。

 「美容には1か月で10万円ぐらい使ってます。だから貯金も全然なくて、その日暮らしのような毎日です~」

 美容に目覚めたのは中学生のころ。100円ショップやコンビニで買ったアイシャドーやチークを使っていた。ただ当時の和歌山では異色の存在で、両親から化粧道具を捨てられたこともあったという。

 「いつも女子の中にいるから、クラスで悪目立ちすることもあったんです。でも当時、日テレ系で放送されていた『おネエ★MANS!』という番組でIKKOさんが“オネエキャラ”としてブレイク。『たかちゃんはIKKOさんだもんね』と理解されて、学校に行きやすくなりました」

 「―さんま御殿」では、あこがれのIKKOと初共演がかない、楽屋あいさつで「あなたに救われていました」という手紙を渡すことができた。アナウンサーを志したきっかけは、タレントのマツコ・デラックス(49)だという。

 「大学生のころに見た番組で、マツコさんが『(この仕事をしていたら)間接的にも誰かの救いになることがあるかもしれない』とおっしゃっていました。自分も人前に立つことで救いになれるかな、と。アナウンサーなら人前に出ながら、会社員として個性を出せるかなと思ったんです」

番組で食レポをする直川アナ(福島中央テレビ提供)
番組で食レポをする直川アナ(福島中央テレビ提供)

 念願のアナウンサーになったが、地方局では記者やディレクターのような仕事も兼務するのが当たり前。入社2年目の18年には夏の高校野球も担当した。

 「実はルールを何も知らなくて…。球場で野球好きのオジさんの横に座って教えてもらいました。甲子園にも行かせてもらって楽しかったけど、日焼けには悩まされました」

 まさに美容の天敵。しかし現場で日焼けを気にする余裕はない。取材→原稿執筆→編集立ち会い→スタジオ収録と「日焼け止めを塗り直すヒマもない」中で鍛えられた。

 「今では高校野球、大好きになりました。休みの時に見に行くんですよ。私だけ日傘、差してますけどね」

 “第2の故郷”になった福島の人の温かさにも癒やされている。

 「プライベートを含めると59市町村、全部行きました。人情があって、いい意味で世話焼きの県民性。以前取材した方とプライベートで食事させていただいたこともあります」

 最後に、将来の夢を聞いた。

 「最終的には報道に携わりたいと思っています。2019年の台風で亡くなられた遺族の方の取材をしたことがあって、今でも天気が荒れると当時を思い出します。福島の皆さんの生活が少しでも良くなるようなお手伝いができればうれしいです」

 ◆直川 貴博(のうがわ・たかひろ)1994年2月28日、京都市生まれ。28歳。和歌山市で幼少期を過ごし、中大法学部卒業後の2017年に福島中央テレビへ入社。趣味は演劇、映画観賞。好きな芸能人は渡辺直美、鈴木亮平、King&Princeの平野紫耀。家族は両親と弟。

  • 福島中央テレビの玄関前でポーズをとる直川アナ

    福島中央テレビの玄関前でポーズをとる直川アナ

 ◆YouTubeではノウパンちゃんねる

 直川アナはYouTubeで「ノウパンちゃんねる」を開設。スポーツ報知が取材した現場の状況もアップされる予定だ。「フジテレビの『〇〇パン』に憧れて、直川なので『ノウパン』です。決して『ノーパン』ではありません!」。ツイッターやインスタグラムも更新中。福島以外では日テレ系「ZIP!」で1~2か月に1回程度、福島の話題を伝えている。

【5分でリモート会議用メイク!】時短映えテクを披露するはずが…時間に追われて大パニック!!

福島中央テレビのメイク室で自身のメイク道具を手にする直川アナ(カメラ・岩崎 敦)
「踊る!さんま御殿!」に出演した直川アナ(福島中央テレビ提供)
番組で食レポをする直川アナ(福島中央テレビ提供)
福島中央テレビの玄関前でポーズをとる直川アナ
すべての写真を見る 4枚

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×