【池添謙一のKen to 1】土曜東京メイン・メイSのカレンシュトラウスは条件ぴったり

スポーツ報知
得意の舞台で勝利を狙うカレンシュトラウス

 先週土曜の京王杯スプリングCをメイケイエールで勝利。1番人気に応えることができてホッとしました。4回続けて1200メートルを使った後の1400メートル。どれだけリラックスして走らせられるかがポイントでした。

 やはりと言いますか、レースではペースが落ち着いたところでハミをかみ、我慢させるのに苦労しました。それでも直線は力強く伸びて重賞5勝目。改めてG1級の能力を見せてくれました。

 秋の大目標はスプリンターズS。折り合い面の課題は現役でいる限り、ずっと付き合っていかなければいけないと覚悟しています。夏を順調に過ごしてもらって、またいい状態で大きな戦いに向かっていければ。

 今週も引き続き東京でプレーします。土曜メインのカレンシュトラウスは、ここ2走がスムーズな競馬ができていない印象。先週の調教で状態の良さは確認できましたし、得意のワンターンの1800メートルで賞金加算を狙います。ショショローザも1週前追い切りでシャープな伸び。まだ線の細さは感じますが、1勝馬同士なら素質上位とみています。(JRA騎手)

 【東京】

7R・リュクスフレンド B

9R・ショショローザ  A

11R・カレンシュトラウスA

12R・トゥインクルリーフC

     (本紙評価)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×