亀田興毅会長、3150ジムの登録名称変更は「興行とジムの区別をつけたい」 KWORLD3へ

スポーツ報知
亀田興毅会長

 日本ボクシングコミッション(JBC)が、元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏が会長を務める「3150ファイトクラブ」が20日付で、登録名称を「KWORLD3」に変更したと公式サイトで発表したことについて同日、亀田興毅会長がスポーツ報知の電話取材に応じた。

 ジムである「3150ファイトクラブ」は昨年3月、大阪市内に開設。亀田会長の父・史郎氏がアマチュアジムとして指導で使っていた施設を使用していたこともあり、同氏のパフォーマンス「3150(サイコー)」から命名されていた。

 一方、「3150FIGHT(ファイト)」は2021年に亀田興毅氏がファウンダーとして立ち上げ、自身がプロモートするプロボクシング興行イベント。亀田会長は名称変更について「客観的に見て、興行とジムとの区別をつけたいなと思った」と説明。名称が類似するために誤解が生じないよう2つの名称をはっきり分けることで、どのジムに所属するに関わらず全国の選手に公平に出場してもらうとともに、より興行の形態を明確に強調する狙いがあるようだ。

 この件について、近日中に改めて正式発表の場を設ける予定。同ジムでは亀田3兄弟の次男で、元世界2階級制覇王者の大毅氏が副会長を務めている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×