馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

ナマ情報イッキ出し(栗東)

 こんにちは、山本です。すいません、今週は今日は初登場です。こんなドラフト前に申し訳ございません。紙面の仕事など色々とありまして、まぁ、とりあえず本日もパッチパチといきますか♪

 さて、この時期になると、徐々に夏場の日程がどうなるのか、という話題になります。昨年でもワイワイと朝まで騒ぐような宴会どころか、食事をひっそりとするような寂しき夏の北海道であり、小倉でありましたが、食べるモノが旨いということに変わりはありませんからね。現時点で今年は昨年より、少しは楽しめる出張になりそうな予感。まぁ、気は抜けませんが…(ていうか、いつまでこんな状態が続くことやら)。どんな日程になるのか、会社からの正式な発表を待つだけです。

 よく考えると昨年、現地で取材した札幌記念はソダシVSラヴズオンリーユー。今から考えると、エラい対戦をライブで見たものです。ラヴズに関しては結果的に、あれが国内ラストランになりましたからね。そして、白毛のソダシが引き揚げてきた時のスタンドからわき起こる拍手も実に印象的だった。今年も札幌記念参戦プランがあるとか。当然、北の大地の大一番が今年も目玉になるでしょうね。

 ということで、今日は珍しく競馬の話題なんか書いちゃったところで、そろそろ本題へ。今日は昨日からの2日間で聞いたデビュー戦情報が結構あるんですよ。本当は馬に対するコメントも聞いているんだけど、今日は速報バージョンというか、情報だけをイッキに書いちゃいます。そして、コメントのある馬に関しては、明日の更新分で紹介するとします。

 まずは今年、超速攻系と何度も書いている西村厩舎。こちらはすでに6頭のデビューが決まっています。開幕週の中京芝マイルには【スズカダブル(牡、父バゴ、母ダブルファンタジー)】、翌日の中京芝1400メートルには従兄弟にタイセイビジョンがいる【ナゲットモンスター(牡、父モーリス、母クッカーニャ)】がスタンバイしています。いずれも鞍上は松山Jです。

 翌週の中京芝マイルにはアドマイヤグルーヴ、ドゥラメンテなどと同じ一族の【セレスティアリティ(牝、父バゴ、母アドマイヤテンバ)】が、中京芝1200メートルには【プロトポロス(牡、父War Front、母キャヴァルドレ)】がスタンバイ。こちらは、どちらも福永Jが騎乗します。さらにさらに、6月18日の東京芝1400メートルをレーンJで予定しているのが【ファントムシーフ(牡、父ハービンジャー、母ルパン2)】で、同じ日の阪神芝マイルを予定しているのが【サスケ(牡、父エピファネイア、母マラジニア)】です。何と6月に6頭デビュー。1頭、1頭の評価までは聞けなかったんですが、西村調教師は「どれもいい感じで進んでいる」とのことでした。

 続いては開幕週。中京の芝マイルには池江厩舎からのこのお父さんの産駒の第一号、【ダイヤモンドハンズ(牡、父サトノダイヤモンド、母メチャコルタ)】が参戦します。鞍上は福永J。さらに、平田厩舎からは藤岡佑Jで【サトノミスチーフ(牡、父Into Mischief、母プレイプリティー)】も参戦。ここには斉藤崇厩舎の【リアリーホット(牝、父ロードカナロア、母ホットチャチャ)】も川田Jで出走しますね。先述の2頭に関してのコメントはまた明日。

 翌週の中京では芝のマイルにステイフーリッシュの下になる【マラキナイア(牝、父ジャスタウェイ、母カウアイレーン)】が参戦を予定。同じ週の芝1400メートルには西園正厩舎の【メイクザビート(牡、父マインドユアビスケッツ、母カジノブギ)】が出走します。

 そして、阪神に舞台が替わった6月18日。先ほどサスケが参戦すると書いた芝マイルは現状、いいメンバーになりそうです。サスケの他に松下厩舎の良血馬、【ピヌスアモリス(牝、父ハーツクライ、母フォアヴァーダーリング)】が松山Jで参戦。さらに現時点で動きがいい大久保厩舎の【ユハンヌス(牡、父Frankel、母Midsummer Fair)】も岩田望Jで参戦予定です。さらにさらに、友道厩舎で佐々木主浩オーナーの【ガルヴァナイズ(牡、父リアルスティール、母カヴェルナ)】も福永Jで出走を予定。そういえば、去年は阪神1週目の芝マイル、勝ったのはダノンスコーピオンでしたね。

 友道厩舎ではこちらも注目の良血馬、金子真人HDの【シャザーン(牡、父ロードカナロア、母クイーンズリング)】は7月31日、新潟芝1800メートルを予定していまして、鞍上は福永Jの予定です。

 最後に関東圏といえば、武幸厩舎で藤田晋オーナーがセレクト1歳セールで1億6500万円で落札した【エゾダイモン(牡、父ハーツクライ、母メジロツボネ)】が東京開幕週の芝マイルでデビューします。鞍上は武豊J。この馬も話は聞いていますので、また明日ですね。武幸厩舎では翌週、6月11日の函館芝1000メートルに【ワイアウ(牡、父ロードカナロア、母チェリーペトルズ)】も出走を予定。こちらは吉田隼Jです。

 ということで、まだ予定があるんだけど、書き切れず。ナマ情報じゃないけど、明日に続きます。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京6R・3サイード(ここ2走が芝マイルで好走。特に長く脚を使った前走は優秀だった。「前走はスローに泣いた。頭数も少なく、さばきやすいと思います」と高野助手)

 続いては「馬券王への道 延長戦」でございます。

中京3R・11ウォータージオード(立て直した効果あり。前、前でしぶとく流れに乗る)

東京11R・5シュリ(前走は在厩調整も中間にアクシデントあり。「今回は上積みが大きいと思う」と兼武助手)

新潟8R・12テイエムハヤテオー(岩田康Jが「もうちょっと絞れて、動けるようになれば」と上積みの余地を感じている)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

スポーツ報知のPOG情報「馬トクPOGプリント2022」を全国の主要コンビニのマルチコピー機で発売中です。
 「社台ファーム」、「追分Fリリーバレー」、「ノーザンF早来」、「ノーザンF空港」など、毎年のように多くのG1ホースを競馬場に送り込む社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルなどの情報がぎっしり詰め込まれています。
 今年は各牧場のスタッフコメントのほか、スポーツ報知のPOGブログでおなじみのヤマタケ記者(山本武志記者)の厩舎レポートやヤマタケ記者、大上記者の注目馬10頭のリストつきです。
 購入方法はこちら

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請