「陸上の世界遺産」に認定された箱根駅伝 関東学生対校第2日に受賞式開催

世界陸連ヘリテージプラーク授賞式で登壇した(左から)関東学連・有吉会長と日本陸連・横川名誉会長
世界陸連ヘリテージプラーク授賞式で登壇した(左から)関東学連・有吉会長と日本陸連・横川名誉会長

◆陸上 関東学生対校選手権 第2日(20日、東京・国立競技場)

 世界陸連から「陸上の世界遺産」と言われるヘリテージプラークを受賞した「箱根駅伝」の受賞式が会場で行われた。

 箱根駅伝は1920年に創設され、今年1月に98回大会が開催された。2024年には第100回大会を迎える。箱根駅伝と関東学生対校選手権はいずれも関東学生陸上競技連盟の主催大会。日本陸連の名誉会長で世界陸連カウンシルメンバーの横川浩氏からヘリテージプラークを受け取った関東学生陸上競技連盟の有吉正博会長は感謝の言葉を述べた上で「箱根駅伝を次世代につないでいきたい」と力強く話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請